声優の石川界人さんの不適切発言で降板が話題になっています。

石川界人さんが降板することとなった『神酒ノ尊-ミキノミコト-』や、不適切発言はどこにあったか?探してみました。

石川界人は何を降板させられた?

石川界人さんは日本酒キャラクタープロジェクト『神酒ノ尊-ミキノミコト-』の越乃寒梅役を降板することが、プロジェクトの公式サイトで発表されました。

『神酒ノ尊』とは日本酒の銘柄を冠する「清酒皇子」と呼ばれるイケメンキャラクターたちが魅力のコンテンツです。

「清酒皇子」は大繁華街と呼ばれる「八宵町」にある酒処「松宵庵」で店番を努めて、おもてなしを学んでいます。

アニメーションの他に漫画などコンテンツが展開されています。

実在の酒造も多数参加しており、本格的に2次元コンテンツが好きな層へ日本酒をアピールしています。

石川界人の不適切発言はどこであった?

石川界人さんの所属事務所サイトには「本人のラジオ内で一部配慮に欠けた発言」があったとして謝罪コメントが掲載されいるだけで、どことははっきり明言されていません。

2つほどその箇所を上げたいと思います。

不適切発言したと思われる箇所1

まず「マンガPark」(マンガパーク)のアプリで配信されている「石川界人・中島ヨシキ の10分ダベる?」の第32回(2019年10月15日配信)です。

こちらの回は10分ほどのラジオが6分半になっているので、大幅にカットされているのでは?と囁かれます。

ちなみにこちらの回では「飲むと危険な飲み物は!?」のタイトルで配信されています。2人は今流行のタピオカの糖質について話していきます。そこから飲み会続きで顔がパンパンになってしまったといったエピソードを披露しています。

特に日本酒については発言されていません。

不適切発言したと思われる箇所2

もう一つは「石川界人のとまどいイルカ」第43回(通算174回)です。

こちらは現在でも聞くことができるので、文章にもしてみました。

「読んでいきましょう!こちら。イルカネーム、イルカの助さんからいただきました。

『魚
大人になったら食べたいのは魚かと思います。最近海鮮丼が食べたくなりました。』

イルカの助さんはそんなに大人じゃないですね?大人が食べたくなる魚は焼き魚ですから、たいがい。あとお刺身ね!お刺身もそうですけど、海鮮丼は重いんですよ。

ちょっとご飯の量が重いみたいでね~、だったらお刺身。刺し身に合うのはやっぱ日本酒か~。日本酒飲みたくないから、ま、だいたいハイボールかな~」

ここでははっきりと「日本酒が飲みたくない」と発言されています。

「神酒ノ尊-ミキノミコト-」の募集要項を見てみると…

公式サイト「神酒ノ尊-ミキノミコト-」のキャラクターの募集要項を見てみると「日本酒が好きな人・勉強したいと思っている人」と書かれています。

多数の日本酒メーカーとコラボレーションしているコンテンツだからこそ、そのコンテンツを作り上げる声優が「日本酒は飲みたくない」と発言しているのは問題があったと解釈しています。

石川界人さんが個人的に「日本酒は飲みたくない」と言っているのは何も問題ありませんし、実際ラジオではそのまま楽しいトークをしていますよね。

ただ「神酒ノ尊-ミキノミコト-」はキャラクターコンテンツとして日本酒を広めていきたいはずなので、そこはイメージが違うとなって降板になってしまったのだと思われます。

石川界人降板に関してみんなの感想は?

「2年もキャラクターを務めたのに、こんな理由で降板だったら変じゃない?」といった疑問の声や、「「神酒ノ尊-ミキノミコト-」とは関係ないのに発言なのに大げさ」「石川界人さんのキャラクターは主役級のなのに簡単にキャスト変更するな」といった声もありました。