2019年5月16日に放送されたシェアハウスひっちっちでは音声で反応するアレクサが紹介されました。

音声で操作できるスマートスピーカーがあり、子供がいて両手がふさがっていても音声で電気をつけることができます。

違うフロアにいながら会話することができます。

ヒルナンデス|シェアハウス家電アレクサとは?2019年5月16日

アレクサは音声だけで操作できるスマートスピーカーです。

「ひっちっち」で使われていたのはこちらの機種です。


Echo Dot 第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

アレクサでできることをまとめました

ミュージック&メディア

「アレクサ、SMAPをかけて」
「アレクサ、ボサノバをかけて」
「アレクサ、静かな曲をかけて」

他にも「この曲なに?」「音を大きくして」といった指示を出すことができます。

ビデオ通話&コミュニケーション機能

呼びかけ機能があり、ハンズフリーで話をすることができます。例えば携帯電話にアレクサアプリをいれて、リビングに居る家族を呼び出すこともできます。

アレクサアプリを持っている相手同士で相手と会話や音声通話をすることができます。

またメッセージを録音することができるので、朝に家でメッセージを録音して早く帰宅した子供や家族がメッセージを聞くことができます。

ニュース、天気、時計や情報を読み上げる

アレクサに好きな放送局を選んで、読んでもらうこともできます。また、読み上げる順番も設定することができます。

他にもベッドからでなくても電気を消したり、エアコンを付けたり、ルンバで掃除をさせたりできます。

アレクサの種類はどんなものがあるの?

アレクサは全部で5種ありヒルナンデスで紹介されていたのは、一番コンパクトで値段も手に取りやすいものです。

高機能スピーカー付きの「Echo」

Echo 第2世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

プレミアムな音質で、家電を簡単にセットアップすることができます「Echo Plus」


Echo Plus (エコープラス) 第2世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

スクリーン付きのもの「Echo Spot」

Echo Spot (エコースポット) – スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、ブラック

大きなスクリーンで高機能スピーカーがついています「Echo Show」

Echo Show (エコーショー) 第2世代 – スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

ヒルナンデスで紹介されたひっちっちとは?

仕事しているときも誰かしら子供を見ていてくれているから安心と語っていました。

独身男性は帰ってくると子供がいると癒やされるので住んでいると語っていました。

待機児童やシングルマザー、ワンオペ育児という家事を一人でこなさなければいけないことも問題になっていますが、「ひっちっち」では血の繋がりを超えた家族となっています。