年号が令和となって「すめらぎいやさか」とツイートしている人が非常に増えています。

すめらぎいやさかとはどんな意味なのでしょうか?普段聞き慣れない言葉だと思います。

その意味について徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク


すめらぎいやさかの意味とは?

「すめらぎいやさか」とは漢字で書くと「天皇弥栄」となり、「天皇万歳!」という意味になります。

Twitterで「すめらぎいやさか」とつぶやいているのは、天皇陛下の即位やこれからの国の発展を願っているということになります。

令和の時代を迎えるにあたって、それをお祝いするツイートということになります。

なぜかひらがなでツイートしている人が多いですが、「天皇弥栄」と書くとなんと読むかわからなかったり、変換できないことが多いので、ひらがなツイートが多いのだと思われます。

「すめらぎいやさか」は今位しか使う機会がないので、これからの日本の発展を願ってぜひつぶやいてみましょう。

次の項目では言葉の意味を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク


すめらぎの意味とは?

まず「すめらぎ」とは何のことなのでしょうか?

すめらぎは漢字で書くと「天皇」と書きます。

「天皇」は「てんのう」と読むのが一般的ですが、訓読みをする場合は「すめらぎ」と読むことが多いです。

「天皇」を組み読みする場合は「すめらみこと」と読むことが多いですが、「すめらぎいやさか」という文章で使用する場合は、天皇は「すめらみこと」ではなく「すめらぎ」と読むようになります。

「てんのう」と言う読み方は中国の音(音読み)なので、祝詞など大切な場面では大和言葉を使って訓読みしています。

大和言葉では「すめらみこと」、「すめろき」、「すめらぎ」など複数の読み方があります。

いやさかの意味とは?

「いやさか」とは一層栄えると言う意味の単語です。

万歳に意味もあり、めでたい意味で使われることもあります。

一般的に「いやさか」と読むことが多いですが、祝詞では「いやさかえ」と読むことがあります。

おめでたい席に使うことが多い言葉です。

すめらぎいやさかをTweetしてみよう!

天皇陛下の御代がいつまでも長く平和に栄えますように…といった意味を込めて「すめらぎいやさか」をTweetするのも乙です。

なんとなく天皇陛下万歳!というより、柔らかいイメージでより令和にあっていると感じています。

これからも日本がますます発展しますように…。

すめらぎいやさか。

スポンサーリンク