『BG~身辺警護人~』1話の動画を無料で視聴する方法をご紹介しています。

2018年1月19日に『BG~身辺警護人~』が放送されましたが、つい見逃してしまう時や録画を失敗してしまう時がありますよね。

そんな時にYouTube(ユーチューブ)・DairyMotion(デイリーモーション)・pandora(パンドラ)といった海外動画共有サイトで探す時があると思います。

しかし海外動画共有サイトは動画の画質が悪かったり、見られなかったり…。

そんな時に無料で安心・安全に動画が見られる方法をご紹介しようと思います。

pandora以外の視聴方法が早く知りたい方は、目次「『BG~身辺警護人~』』をpandora以外で視聴する方法」をクリックしてください。

(画像引用-BG~身辺警護人~公式サイト

ドラマ『BG~身辺警護人~』1話のあらすじ


(画像引用-テレ朝POST

ドラマ『BG~身辺警護人~』の第1話のストーリーでは主人公は島崎章(木村拓哉)が工事現場の警備員をしているところから始まります。

あるひ警備保障会社の本社に呼ばれた島崎章(木村拓哉)は、身辺警護課が新設されることとそこへの着任を打診されます。

実は島崎章(木村拓哉)は過去にボディーガードをしていたことがあるのですが、あることをきっかけにやめてしまっていました。

断ろうと思ったのですが、社長の強い要望によりボディーガードの世界に再度踏み入れることに…。

新人ボディーガードとして着任した島崎章(木村拓哉)に、初任務がやってきます。

それは隅田川で開催されるマラソン大会のスポンサーの会長・大久保佐助(伊武雅刀)を敬語することに…。

しかし脅迫文が送りつけられた厚生労働大臣が、周囲の反対を押し切ってマラソン大会へ出席することになりました。

マラソン大会全体が危険にさらされるわけですが、会長・大久保佐助(伊武雅刀)のボディーガードたちはどうするのでしょうか?

ボディーガードのドラマと聞くと華麗なアクションシーンがありそうですが、メインで描かれているのは人間関係。

身体だけでなく依頼者の大切な元をしっかりと守ってくれるBG~身辺警護人~に期待したいです。

【公式予告動画】

pandoraの視聴をやめた方がいい2つの理由

簡単にドラマを無料で見ることのできるpandoraですが、そのデメリットも知っておいて損はないと思います。

まず高画質な動画は滅多になく、すぐに動画削除がされてしまいますよね。

pandoraのドラマは違法アップロード動画のため、削除済みの動画だらけになり、「探すのに時間がかかったのに、結局見られなかった!」ということもあります。

著作権侵害の動画を視聴するのは違法だった

違法アップロードで逮捕されたというニュースはメディアで大きく取り上げられていませんが、調べるとたくさん出てきます。

また過去にパンドラTV社はJASRACに著作権侵害で訴えられており、その時に運営していた動画共有サイト「TVブレイク」は閉鎖を余儀なくされています。

違法動画のアップロードするだけでなく、違法動画と知っての視聴・ダウンロードも著作権を侵害したとされ有罪になってしまいます。

この場合は著作権違反として「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金刑」が課せられることになっています。

不正アクセスによるウイルス感染が出ている!

違法行為と言われてもピンとないかもしれませんが、一番現実味がある被害は不正アクセスによるウイルス感染です。

pandoraは脆弱性があり過去に不正にアクセスされ、利用者がウイルスに感染するという事件が起きています。

過去に起きた事件ではサイトを閲覧しただけでウイルス感染するように仕組まれており、「利用者の銀行口座情報」が狙われました。

またpandoraを視聴しているとウイルスセキュリティソフトが起動するといった声も多いです。

pandoraは広告がとても多く、怪しげな広告をクリックしてしまうとウイルスに感染する可能性があります。

自分のパソコンがおかしくなるだけでなく、個人情報が危険にさらされるのは、本当に避けたいところです!

以上のような理由からpandoraでの視聴はおすすめできません。

『BG~身辺警護人~』をpandora以外で視聴する方法

namiさん(@nami.2741)がシェアした投稿

pandoraでの視聴は危険が多すぎますが、無料で観られるのは魅力的なものです。

「危険はわかったけど…やっぱり無料で見たい!」という人にオススメなのがTVerです。

TVerでは放送から1週間だけドラマを無料で配信しています。

1週間以上経ってしまっても大丈夫です!

その場合はオンラインビデオ配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

こちらは月額1990円のサービスですが、現在は31日間無料キャンペーン中なので、キャンペーン中に見て解約すればお金はかかりません。

『BG~身辺警護人~』を見るのにU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由


U-NEXTは有料サイトですが、その分サービスも安心できるもので、内容も非常に充実しています。

そのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

安心・安全な公式動画配信サイト!

U-NEXTは公式動画サイトなので、pandoraのデメリットの動画の質の悪さや危険性が全て解消されます。

  • すぐに動画が見られる・探す必要がない
  • 高品質な動画が見られる
  • 著作権侵害のおそれがない
  • ウイルスの危険性がない

「自分も著作権侵害に加担している・逮捕されるかもしれない」という不安が無くなるので、気持ちよく動画を見ることができますよ。

もちろんウイルス感染の被害もありません。

これらが解消されることはかなり大きいメリットだと思います。

『BG~身辺警護人~』を無料で見られるのはU-NEXTだけ!

@yyy103inがシェアした投稿

31日間無料キャンペーンやポイント贈呈で無料で見られるのはU-NEXTだけです。

U-NEXTでは『BG~身辺警護人~』は見放題対象作品なので登録するだけで、無料で見られるところが一番のおすすめポイントです。

『BG~身辺警護人~』以外にも見られる作品もたくさん

asukaさん(@asuka2169)がシェアした投稿

『BG~身辺警護人~』以外にも、今期ドラマだと松本潤さん主演の『99.9%刑事専門弁護士シーズン2』や、『トドメの接吻』といったドラマや雑誌、映画など見放題対象の作品をたくさん取り扱っています。

紹介したのはほんの一部で、他にも見放題対象作品はありますよ。

U-NEXTは本当に無料!?デメリットは?

  • クレジットカードと会員登録が必須
  • 無料キャンペーンのあとは、月額1990円になってしまう

U-NEXTの利用には会員登録が必須になってしまいますが、2.3分程度で終わってしまいます。

また本来月額U-NEXT円のサービスなので、無料期間が終わってしまうとお金がかかってしまいます。

完全無料で見たい人は動画を見てしまってから、無料キャンペーン中に解約をしてしまうのがオススメです。

もし解約をし損ねてしまっても、月額1990円(税抜)は月で割ると1日67円にもならないので、レンタルショップで借りるよりも確実に安いですし、他にも動画を見ればすぐに元を取ることができますよ。

配信は2018年1月24日からになります。

【AD】U-NEXT公式サイトはこちら

ドラマ『BG~身辺警護人~』第1話のみんなの感想

第1話の感想を集めてみました。

ドラマ『BG~身辺警護人~』1話のみどころ

確信的なネタバレにならないように、1話の楽しみな所をピックアップしたいと思います。

シングルファーザーの木村拓哉

元SMAPの木村拓哉さんが主演で話題が集まっていますが、ドラマ『BG~身辺警護人~』ではボディーガードでもある反面、シングルファーザーの役もこなします。

気になる息子とのシーンは父親としてしっかりアプローチしているとのこと。

しかし多感な時期の息子からは冷たい反応が返ってきます。

これからどんな関係になるのか楽しみです。

また息子役の田中奏生さんと木村拓哉さんは別作品でも共演した中で、田中奏生さんの成長ぶりに木村拓哉さんも驚いたとコメントしています。

石田ゆり子の大臣役


(画像引用-テレ朝POST

脅迫状を受け取る厚生労働大臣・立原愛子を演じるのは石田ゆり子さん。

その透明感や美しさから女性にも大人気の女優です。

石田ゆり子さんはドラマでも優しく頼れる上司や先輩役が多かった印象ですが、この大臣はどんな風に演じてくれるのでしょうか?

脅迫状を受け取っても尚マラソン大会に参加する所からすると、強気な性格か、覚悟を決めて仕事に取り組んでいるのだと思います。

いつもよりキリッとしてそうな石田ゆり子が気になります。

まとめ

『BG~身辺警護人~』を見逃してしまった場合は、pandoraよりU-NEXTでの視聴がおすすめです。

pandoraでの視聴は危険が多すぎて、自分の身に被害を受ける可能性があります。

U-NEXTは有料な分、納得のサービスが受けられるようになっています。

キャンペーン中に見て解約すれば完全無料で見られます。

配信は2018年1月24日からになります。

【AD】U-NEXT公式サイトはこちら

※本作品の配信情報は2018年1月19日時点のものです。

配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。