2018年1月から木村拓哉主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜』がスタートします。

元SMAPの木村拓哉さんが出演するということで、何かと話題に上がっています。

タイトルのBGや身辺警護人は一体どんな意味なのでしょうか?

またドラマのストーリーはどんな感じなのでしょうか?

そんな疑問を解決したいと思います。

スポンサーリンク


BG身辺警護人の意味とは?

まず「BG」は「Body Guard」=「ボディーガード」の略になります。

そして身辺警護人は、武装や武器を持たずに依頼者を危険から守る人のことです。

武器を持たないということは、常に丸腰ということです。

そんな状態でも戦えるように身辺警護人は、常に気を張って戦えるようにしています。

BG身辺警護人の具体的な仕事とは?

ボディーガードの仕事といえば、政界や著名人、企業要人などを守ることです。

第1話では主人公の・島崎章(木村拓哉)は過去にボディーガードをしてる設定になっています。

ボディーガードは一般的には「身体」だけ守るイメージが強いかもしれませんが、それはもちろん生活や社会的なイメージ、財産なども一緒に守っています。

有名人は社会的なイメージがとても大切なので、そのイメージを守るのもボディーガードの仕事です。

財産を守るとは警備対象者のつけている高価なアクセサリーを取られないように注意したり、控室などに置いた私物を盗まれないように警護するのもボディーガードの仕事になります。

スポンサーリンク


ドラマBG~身辺警護人~のストーリーは?

ドラマ『BG~身辺警護人~』の第1話のストーリーでは主人公は島崎章(木村拓哉)が工事現場の警備員をしているところから始まります。

あるひ警備保障会社の本社に呼ばれた島崎章(木村拓哉)は、身辺警護課が新設されることとそこへの着任を打診されます。

実は島崎章(木村拓哉)は過去にボディーガードをしていたことがあるのですが、あることをきっかけにやめてしまっていました。

断ろうと思ったのですが、社長の強い要望によりボディーガードの世界に再度踏み入れることに…。

新人ボディーガードとして着任した島崎章(木村拓哉)に、初任務がやってきます。

それは隅田川で開催されるマラソン大会のスポンサーの会長・大久保佐助(伊武雅刀)を敬語することに…。

しかし脅迫文が送りつけられた厚生労働大臣が、周囲の反対を押し切ってマラソン大会へ出席することになりました。

マラソン大会全体が危険にさらされるわけですが、会長・大久保佐助(伊武雅刀)のボディーガードたちはどうするのでしょうか?

ボディーガードのドラマと聞くと華麗なアクションシーンがありそうですが、メインで描かれているのは人間関係。

身体だけでなく依頼者の大切な元をしっかりと守ってくれるBG~身辺警護人~に期待したいです。

スポンサーリンク