2018年1月17に放送された『水曜日のダウンタウン』では、「「あの人は今」で全く別人が出てきても指摘できない」という説を展開。

藤本敏史さんに過去超能力者として一躍有名になったユリゲラーに、インタビューをしてもらう企画をしました。

しかし番組では偽ユリゲラーがさも本物のユリゲラーのように登場し、 藤本敏史さんは困惑!

このドッキリのカオスな展開や、通訳の女性が話題になりました。

スポンサーリンク


水曜日のダウンタウンの偽ユリゲラー、英語で島唄を歌う

フジモンさんがインタビューすると、偽ユリゲラーは得意なスプーン曲げを披露するのを拒否。

その代わりにリズムと音程を外した英語の島唄を披露し、フジモンは堪えきれず顔を覆って笑うのを堪えていました!笑

そして「みんなこのCDを買って欲しい」と英語でコメント。

超能力者として有名になったユリゲラーが、今や歌一本で行くと斜め上の展開。しかも歌が下手くそなのが致命的すぎますw

ちなみに本物のユリゲラーは現在は71歳なので、こんな若い人ではありません。

本物のユリゲラーさんはこちらです。

ねこのぼるさん(@nekonoboru)がシェアした投稿

偽ユリゲラーさん、結構似ていますね!

ちゃんと超能力者として活動中なのでご安心ください。

偽ユリゲラーの通訳の女性は誰?

偽ユリゲラーの通訳の女性が可愛いと視聴者の間で話題になりました!

男性の方は好みの方が多いのではないでしょうか?

こちらの通訳の方を調べてみると「あやさん」という名前らしいことは出てくるのですが、詳しいことはわかりませんでした!

はたして本物の通訳なのか、番組で用意した役者なのかわかりませんが、もう少し情報が欲しかったです。

ユリゲラーは本当にCDを出していた!

余談ですがユリゲラーは1970年代に本当にCDを出していました。

「超能力者がなぜCD?」と思うかもしれませんが、曲を歌うというよりは「ヒーリング系の音楽はバックに、曲がれ曲がれと言葉を乗せている」といった内容のもの。

しかもこの「曲がれ曲がれ」は日本語で歌っており、「ムァガレ、ムァガレ・・・」(「曲がれ、曲がれ・・・」)というユリゲラーのフレーズはパロディもたくさん作られました。

なんともオカルトチックな感じがしますが、それだけ超能力が流行った時代だったのがわかります。

スポンサーリンク