2018年1月13日に行われたセンター試験、地理Bではムーミンの問題が出されました。

ムーミンと言えば世界的に知られるキャラクターですが、若い受験生は知らない人が多く、ムーミンありきの問題がだされ受験生は怒り爆発。

その八つ当たりでムーミン公式ツイッターが炎上することになりました。

問題になったセンター試験の内容や、ムーミン公式ツイッターの炎上の様子などまとめてみました。

スポンサーリンク


センター試験2018地理Bの問題とは?


(※画像引用-ツイッター

問題はノルウェーとフィンランドを舞台としたアニメーションのうち、その正しい言語を組み合わせろというもの。

アニメーションの選択肢には『小さなバイキングビッケ』(1972年~1975年放送)と『ムーミン』(1990年頃放送)の二択でした。

『小さなバイキングビッケ』はアラサーの筆者でも知らない作品だったので、元から知っているという受験生はかなり少ないと思われます。

一方それより知られていると思われる『ムーミン』ですが、こちらもアニメ放送されていたのは1990年頃でリアルタイムで見ていた受験生は少ないでしょう。

そして正しい言語をスウェーデン語を参考に答えるとのことですが、フィンランドは北欧の中で言語系統が違うので、それを知っていればどちらがフィンランド語でノルウェー語かわかるというもの。

しかしアニメーションの国も当てなければならないので、事前に『ムーミン』『小さなバイキングビッケ』の舞台がどこか知らないと答えられません。

バイキングをヒントに『小さなバイキングビッケ』がノルウェーとわかれば良いようですが、フィンランドもバイキング発祥の地と言われているので、迷ってしまう受験生もいると思います。

地理というよりは雑学クイズのようなセンター試験に、受験生は戸惑いました。

スポンサーリンク


そして炎上するムーミン公式ツイッター

公式ツイッターには

「国籍ノルウェーに変えてくれ」
「一生許さない」
「全受験生がお前を知っていると思ったら大間違いやぞ」

といったコメントが殺到しました。

ムーミンは勝手にセンター試験に取り上げられただけなのに、攻撃されるムーミン公式ツイッターは気の毒です。

しかし気持ちはわからなくもありません^^;

具体的な人物ではなく、キャラクターのアカウントというのも、攻撃しやすいのかもしれません。

センター試験の内容についてツイッター民は?

わざと減点するために出題しているのだとしたら、受験生は気の毒ですね。

個人的にはアニメの知識がなくても解ける問題にしてほしかったです。

ムーミン公式ツイッターの反応は?

センター試験に巻き込まれたムーミン公式ツイッターですが、「もっと知ってもらえるよう頑張ります」と謙虚な姿勢を見せました。

「受験生は必死に勉強していただけに、関係ないムーミンアカウントを攻撃してしまった」という背景をしっかり理解しているように思えました。

八つ当たりはいけませんし、ムーミン公式ツイッターは気の毒ですが、やさしく諭すようなツイートをしてもらえて良かったです。

スポンサーリンク