2017年12月19日にNHKが「第68回NHK紅白歌合戦」に安室奈美恵が特別出演歌手として出場すると発表しました!

紅白出場者歌手に安室奈美恵さんはいなく、「来年9月での引退が話題になったけど、紅白に出ないんだ」と思われていましたね。

しかしまさかのサプライズで出場が決定!

2017年紅白歌合戦では何の曲を歌うのか?どんなパフォーマンスをするのか?予想していきたいと思います。

スポンサーリンク


安室奈美恵の紅白の曲を予想!何を歌うのか?

週刊誌によるとNHK側と安室奈美恵さん側で、どの曲を披露するか話し合いが行われているようです。

NHK側は大ヒット曲『CAN YOU CELEBRATE?』やリオ五輪で歌った『Hero』を希望しているようです。

しかし安室奈美恵さん側はアーティストとして、新曲を希望しているようです。

もし安室奈美恵さん側の意見が通るとするならば、11月8日にベストアルバム「Finally」を発売しているので、その中から曲を選ぶのではないかと思います。

そのベストアルバムの中に収録されているの新曲は以下です。

『Just You and I』
『Showtime』(小泉今日子さん主演TBS系ドラマ「監獄のお姫さま」の主題歌)、
『Hope』(フジテレビ系のアニメ「ONE PIECE」の主題歌)
『Do It For Love』(Hulu CMソング)
『Finally』(日本テレビ系 「NEWS ZERO」のテーマ曲)

この中だったら、アルバムの曲名にも使われている『Finally』が選ばれるのでは?と思います。

 『Finally』は光るある未来へ進んでいこうという曲なので、紅白歌合戦のテーマである「夢を歌おう」にもぴったり合うんじゃないかと思います。

それかいいとこ取りの『スペシャルメドレー』とか、いいんじゃないかと思います。

芸能人たちの曲予想

12月20日に放送された「スッキリ」ではを安室奈美恵さん特集が組まれました。

安室奈美恵さんの大ファンのハリセンボン・近藤春菜さんは「歌う場所や曲は安室さんの好きなところで」とファンらしいコメント。

ちなみに元競泳の松田丈志さんは「個人的にはオリンピックを思い出すから、『Hero』を歌って欲しい」とコメントしました。

それぞれ安室奈美恵さんへの想いがありますが、どんな曲を披露してくれるのか気になりますね!

紅白ではどんなパフォーマンスをしてくれるのか?

どんな曲を歌うかも気になりますが、どんなパフォーマンスを行うかも気になりますよね。

安室奈美恵さんは特別企画として、紅組にも白組にも属さない形で歌うと言われています。

NHKによると中継かNHKホールで歌うかなど場所はもちろん、演出も検討中だそうです。

スポニチによると安室奈美恵さんの出場時間はなんと20分と言われており、今までもっとも長かった出場時間である、長渕剛さんのベルリンから生中継、15分間を越えるとのうわさがあるそうです。

そこで、スポニチでは「安室専用スタジオ」を用意しているのではないか?と予想がされていました。

他にも有力視されているのはNHK局内の別スタジオか、局外にある都内スタジオからの中継だと言われています。

20分ってすごい長いですよね(^^;)

それだけの時間を使うとなると、かなり凝った演出がされそうですが、どうなるか少し不安です笑

スポンサーリンク


これに対し、芸能人の予想は?

タレントの大沢あかねさんは「安室さんの世界観を大事して、最後なんだから、安室さんの舞台で締めくくって」と、安室奈美恵さんの望む紅白の演出になればとコメント。

MCの加藤浩次さんも「NHKホールだと、わけのわからない謎の着ぐるみとか入るから」とコメント。

たしかにNHKホールはそういった印象はありますね。

視聴者の予想は?

視聴者の反応はと言うと、短時間でも良いから、「紅白らしくNHKホールで歌って欲しい」とのコメントが一番多かったです。

「紅白歌合戦だからこそ、他の出場者と同じNHKホールで実力を見せてほしい」と言った、単にアーティストとしての意識の高さを求める意見もありました。

たしかに、中継は特別な演出ができる反面、紅白歌合戦らしさはないですよね。

安室奈美恵の紅白出場回数は?

ちなみに安室奈美恵さんは1995年紅白歌合戦に初出場してから、2003年まで9回出場していました。

今年はなんと14年ぶりの紅白となります!

これは安室奈美恵さんファンはかなりうれしいと思います。

まとめ

安室奈美恵さんは紅白に出ないとずっと言われていましたが、特別枠での出場となりました!

曲予想としては『Finally』もしくは、『スペシャルメドレー』を推したいと思います。

安室奈美恵さんがどんな歌を、どんなパフォーマンスで魅せてくれるか、年末の楽しみが増えてうれしいです。

スポンサーリンク