2017年12月12日に放送された『ガイアの夜明け』では外国人実習生の実態について特集が組まれました。

その中でも話題になったのが、アパレル会社の残業代未払いやその手口について。

インターネットではそのブランドを取り扱っている会社や、孫請け会社について特定がされました。

スポンサーリンク


外国人実習生とは?

日本では約23万人の外国人実習生が働いています。

外国人実習生は機関で日本語や技術をしっかり学び、その後日本に派遣されます。

誰でも簡単にできるというわけではないんですね。

ガイアの夜明けで特集されたアパレル会社の実態

・休みは7ヶ月間でたった一日
・時給400円
・残業197時間で手取り13万円

とブラック企業真っ青のブラックっぷりです。

620万円の残業代を払わずに「倒産」し、また新たに同じような会社を作ります。

「倒産すると未払いの残業代の支払い義務が無くなる」という法律の穴を利用したやり方です。

これに関して会社の弁護士は「残業は自主的、任意的」「強制ではない」と答えています。

この下請け会社は「株式会社CLASTER」といわれています。

この会社をサポートしている原武之弁護士についてはこちら

原武之、ガイアの夜明けに名前が!時給400円アパレル会社を弁護、その手口とは?

スポンサーリンク


タグからブランドを特定、会社は?

番組で放送したタグとCECIL McBEEなどに付いている、MADE IN JAPANタグが一致しています。

またテレビで紹介されたワンピースと同じものがBE RADIANCEに売られています。

これらのブランドを作っているのは「株式会社ジャパンイマジネーション」という会社です。

ああいう悪質な孫請けとは、契約しないでもらいたいというのが本心ですね。

視聴者をあおる番組構成

ジャパンイマジネーションの冷酷な対応と、孫請け会社のブラックさは置いておいて、いきなり孫請け会社の従業員から「不当に扱われた」と、取引先の会社に手紙を送るのはうまいやり方な気がしませんね。

そんなことを言われても、他社が責任を取れるわけでもないですよね。

ガイアの夜明けで放送されたみたいに、急にテレビ局の人間が押しかけていっても、追い返されるのはしかたないのでは?と思ってしまいました。

番組側もジャパンイマジネーション側を悪く見せようとして、外国人実習生を必要以上に同情的な目で見せようと誘導している気がします。

どういうことかと言うと、番組構成が

「外国人実習生が劣悪な環境で働いている」

「しかし働いていた会社は、倒産して責任者がいない!」

ここで視聴者はもんもんとするはずです。

嫌悪を向ける対象が不在なのですから。

こういった場合は、他にわかりやすい嫌悪の対象を探す心理状態になってしまいます。

そのわかりやすい嫌悪の対象が親会社に設定されているのです。


「親会社にどれだけ不当な扱いを受けたか手紙を送るが、突っぱね返される」

「親会社はひどい会社だ!!!」

という炎上の流れになるわけですね。

視聴者もヘイトを親会社に向けてしまうわけです。

まああそこでジャパンイマジネーションが「そんなひどい孫請け会社とは、今後一切仕事をしません」と言ったら良かったかもしれませんが、テレビ局側もいきなり取材をするので、まともに聞いてもらえなくても仕方がありません。

番組側もあえて突っぱねられるようなやり方で取材してます。

本当に劣悪な環境で働いていたのは事実ですし、気の毒なのは代わりませんが、ジャパンイマジネーションに必要以上の責任とヘイトを押し付けているのが気になりました。

ジャパンイマジネーション炎上の影響は?

ジャパンイマジネーションは従業員1000人、売上高150億円超の会社なので、そうそう簡単に影響は受けないと思います。

しかもブランドの購入層は10代~30代の若い女性が多く、ガイアの夜明けを見る層でもないイメージです。

不買運動などあるかもしれませんが、それが売り上げに影響するほどなのかとも思います。

しかもジャパンイマジネーションだけが、こういった悪質な下請け企業と契約しているわけではないと思います。

ジャパンイマジネーションは下請け会社の環境なんて知らない、といった対応でしたが、服を買う人はどういう工程で作られているのか、ということが明白になり、企業側もそれを無視できない環境になればベストなのになぁと思います。

飲食業界では作業工程を公開しアピールするような企業もありますし、アパレル業界全体がクリーンになってもらいたいものです。

しかしアパレル業界におけるリアルファー反対運動もあれだけ盛んなのに、取り扱う会社が減らないということを例にとっても、難しいのかもしれません・・・。

結局「わが社の商品は不当な下請けとは契約していません!」とアピールして、売れるか売れないかが会社としては大事なんだと思います。

結局元値が上がってコストがかかって、うまくは行かないとなったら採用されないのが現実なのでしょうね。

まとめ

番組では社員やブランド名にモザイクがかかっていましたが、タグやワンピースでおおむね特定されてしまったようです。

ガイアの夜明けは「分かる人には分かる」ところを映して、ネットで特定させるのが手法なのかと疑ってしまいますね。

この外国人実習生の劣悪な環境は、視聴者もショックを受けた人が多いようで、「ひどすぎる」「外国人実習生は奴隷じゃない」と批判の声が多数ありました。

会社の利益を上げるためなら、何でもしていいという姿勢には断固抗議をしていきたいです。

※関連記事
原武之、ガイアの夜明けに名前が!時給400円アパレル会社を弁護、その手口とは?

スポンサーリンク