『先に生まれただけの僕(先僕)』第5話に登場したペップトークについてや、登場した本について紹介します。

アクティブラーニングといったキーワードも話題になり、続けて第5話ではペップトークというキーワードが話題になりました。

スポンサーリンク


『先僕』第5話に登場したペップトークの本はこちら

心に響くコミュニケーション ペップトーク 岩崎由純著 中央経済社

上は楽天のリンクなのですが、今回の放送の影響もあってか現在3週間ほど待つようです(^_^;)

本来はスポーツ選手を鼓舞することに使うようですが、日常にも応用できそうですね。

同じ物を言うにも、言い方って凄く大事だし、それによって周りが良くなれば、結果自分に返って来る。

ペップトークについて色々知りたくなりました!

ペップトークとは?

ペップトークとはスポーツ選手を励ますために、指導者が試合前に行う短い激励のことを言います。

アメリカでは人種問題や言語問題があったために、ペップトークが発展するようになり、現在ではビジネスの営業やモチベーションアップにも使われています。

日本ではまだまだ未発展のものということで、今回の『先僕』でも注目されることになりました。

スポンサーリンク


『先僕』第5話で披露されたペップトーク

『先僕』第5話では鳴海校長(櫻井翔)が生徒を自主的にオープンキャンパスに参加させようと試みます。

真柴は最初はその気でなかった生徒をペップトークを駆使して鼓舞し、見事成功させます。

「みんなが考えた企画で、人気校になったら嬉しいでしょう?」

「みんなならできる!」

といったようなセリフが出てきましたね。

ペップトークはこのように言葉の力をポジティブに使うことができるのです。

言霊というのもありますし、人に働きかけるだけでなく、自分もポジティブになれそうなペップトークは今後主流になっていきそうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペップトーク 心に響くコミュニケーション [ 岩崎由純 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)