2017年10月5日から放送がドラマ『ブラックリベンジ』。

木村多江さんの好演やスキャンダルを取り扱ったストーリーに注目が集まっていますね。

「第1話を見逃したから内容が知りたい!」

「あらすじをおさらいしたい!」

という方は是非参考にしてください。

こちらのページはネタバレありです!

ネタバレなしのあらすじが知りたい方はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク


夫も子供も失った主人公…

ドラマは主人公・沙織が、亡くなった夫の遺言動画を見ている所からはじまります。

「愛する人と過ごした、幸せな日々は一瞬にして崩れ去った…」

政治家の夫がスキャンダルになり、それによって夫が自殺。

そしてそのショックで生まれてくるはずだった、新しい命も失ってしまいました…。

夫は動画でこう語りかけます。

「俺は何もやっていない…塚本修二郎、愛原サユミ、南條夕子…この3人にはめられた!」

そして映し出される壁一面の、夫のスキャンダルの写真の数々…。

「地獄の底に叩き落とす…」

沙織の執着と復讐心、その決意がよくわかるシーンです。

そしてそのまま、動画では夫がベランダへ向かい…

落下!!

「キャー!」と響く悲鳴。

軽くホラーで、本気でぞっとしました…、

主人公は週刊流星の記者


場所は変わり、週刊流星の事務所の朝礼に。

毎朝同じことを朝礼で話す編集長(佐藤二郎)に、つっこむ社員たち。

若干シュールなシーンです。

沙織はそんな空気を壊すように、有名人のスキャンダルをもってきました。

政治家・塚本修二郎が愛人と密会しているとのこと。

塚本修二郎は主婦に大人気のイケメン議員らしく、編集長からはGOサインがでました。

主人公のアシスタント役に岡野真也!


ザ・若い新人!と言う感じの芦原(岡野真也)が、沙織のアシスタントにつくことになりました。

とぼけた感じの声へ芦原は、沙織にこう話します。

芦原「ほんとはファッション誌で働きたいんですよね~」

沙織「・・・」

芦原「この仕事やってて罪悪感とかないんですかぁ?人の秘密をあばくみたいなぁ…」

沙織「ない。それが真実であれば」

捏造で夫を失った沙織は「真実」にこだわります。

塚本は副大臣になる夫に嫉妬していた!?

夫「塚本は副大臣になる俺に嫉妬して、俺をはめたんだ。裏金なんてもらってない。俺は悪いことなんて何もしていない。」

動画の中の夫はそう切実に訴えていました。

沙織は塚本と夫が自宅で楽しく飲み明かしていたことを思い出していました。

そして夫のニュースに何食わぬ顔で

「正直大変失望しています」

とコメントする塚本。

場面は変わり、塚本とその部下らしき人物の会話が入ります。

塚本「寺田は俺の踏み台になってくれた」

部下「墓参りにでも行きますか?」

塚本「冗談だろ?」

と悪い顔。

沙織は一人自宅で塚本の写真をカッターで切り裂いているのでした…。

プロ愛人に独占告白させるつもりの沙織。いったいどうするのか?

芦原が塚本の愛人についてちゃんと調べてきました。

彼女は銀座の高級クラブに務める女性・彩香。

彩香はプロ愛人だそうで、プロ愛人とは「相手に一切迷惑を欠けずに、痕跡を全くの残さない愛人の中の愛人」とのこと。

しかし沙織はこう言い放ちました。

沙織「自分が愛人です、と独占告白させる」

スポンサーリンク


ただの写真をどう使うのか?沙織の策があるらしい…

愛人との接触を期待して、芦原を塚本に尾行させていました。

しかし愛人との接触はなく、塚本が政治家活動に勤しむ写真ばかり…。

編集長「ちゃんと考えて取らなきゃだめじゃないか!」

沙織「ありがとう助かった」

編首長「聞いたか芦原!いまみーはなぁ、助かったんだよ!ん?助かった?」

どうやら沙織には策があるようです。

ついに彩香に取材をしに行く!雪乃って誰!?

アポが取れ彩香のお店へ向かう沙織と芦原。

一体なにも彩香に話すのでしょうか?

沙織「塚本先生に愛人がいたんです」

彩香「本当ですか?」

沙織「六本木に努める雪乃という方です。もう何年も愛人をしていて、先月結婚を申し込まれたのだそうです。決定的な証拠もあります。」

そういって見せたのは塚本と雪乃の婚姻届でした。

途端に目の色が変わる彩香。

沙織「雪乃さんはあくまで塚本先生のお金が目当てでした。

なので結婚を断ったそうなのですが、塚本先生に付きまとわれるようになってしまい…。

不倫を我々を公表することで、愛人関係に終止符を打とうとしました。」

彩香「そんな話…信じられません。私に何かききたいんですか?」

沙織「塚本先生は雪乃さんとの交際に政治資金をかなり使い込んでいると。

何かご存じありませんか?」

彩香「何も知りません。そもそも愛人がいたこと自体、信じられない…」

沙織「何か思い出しましたらいつでもご連絡ください」

そう言って、沙織はクラブを去ります。

しかし証拠の書類をテーブルに置いてきたまま、忘れていました。

それを手に取った彩香が中を見ると…。

雪乃のインタビューがどこでされるかが書かれていました!

これは果たしてワザとなのか?

沙織は未だにカウンセリングを受けている

沙織「ずっと考えていました。なんでこんな不幸が起きたのか…。運命を呪って、現実から逃げていたんです」

カウンセラー「二人の死を受け入れて、自分で見出したのよ。生きる目的を」

沙織「私は正しいことをしているのでしょうか?」

復讐心にとらわれる沙織に、女性カウンセラーが優しく寄り添います。

沙織の心はまだまだ不安定で、定期的にカウンセラーにあっているようです。

ついに雪乃のインタビュー!彩香乱入!?

ついに雪乃のインタビューになりました。

雪乃は写真に写っていた帽子にサングラスという格好で、顔を隠しています。

なんとそこに彩香が登場!

彩香「あなた先生の愛人なんですって?あんた何様なの?先生を週刊誌に売ってどうしようっていうのよ」

いきなり激昂して雪乃につっかかる彩香。

彩香「この女が言っていることは全部うそよ!この写真だって合成じゃない。先生は人目の付く場所で、軽率なことをする人じゃない!こんなところを見られたら信用ガタ落ちよ!」

と沙織に写真の信ぴょう性を指摘し、せまる彩香。

しかしそれを聞いていた、雪乃がしびれを切らせます。

雪乃「どこの誰だかしらないけど、何知った気でいるの?引っ込んでろって言ってるの」

彩香「こんな女が先生の愛人なわけがない!」

雪乃「あんたなんなの早く帰れよ!あ~わかった、あなた先生に捨てられた元愛人?」

彩香「ふざけんな!」

ここからドロドロな罵り合いが続きます!

沙織は冷静に二人の様子を見ています。

そしてついに彩香が「私が塚本先生の本物の愛人なんだよ!」と啖呵を切ります。

そしてにこ…とする沙織。

沙織「いま塚本先生の愛人だとおっしゃたんですか?」

沙織「あなたは今認めたんです、塚本修二郎の愛人だということを」

そして録音ができていることを確認。

沙織「週刊星流に独占告白を載せてもらいます」

彩香「でも私が認めなければできないじゃない!」

そう言い放ち、なんと録音機器を奪ってピンヒールで踏みつけます!

沙織「たしかに証拠はなくなりましたが、ここに証人がいます。なにか勘違いされていますが、わたしはあなたの告白を載せる気はありません。告白するのは…。」

雪乃がウィッグを外すと…

なんと塚本の奥さんでした。

ここから回想シーンが始まり、沙織が塚本の奥さんに電話で話を持ちかけます。

沙織「あなたの夫が浮気をしています。一緒に愛人を誘い出しませんか?」

そして奥さんと愛人の罵り合いが始まります!

奥さん「理想の愛人を演じるのは大変だったって、何言ってるのよ!」

彩香「政略結婚のくせに!」

ここら辺のシーンはかなり見ものです。

そして沙織は女たちの取っ組み合いを爆笑!

そして隠しカメラを回収して撤収!

ドラマらしい、あざやかな手口でした。

沙織「このネタは来週号には載せない。塚本が頂点に立った時、地獄の底に突き落とす」

スポンサーリンク


そして地獄に突き落とされる、塚本!

塚本が大臣に任命された瞬間に、このスキャンダルが発表されたのでした。

塚本は暗い自室で一人…

塚本「終わりだ…終わりだ…なんでこんなことに…くそ!くそくそ!」

と週刊星流をかきむしっています!

そんな時に自宅に包囲するように押し寄せるキャスターたち。

そんなキャスターから逃げるように、家から飛び出し薄暗い道へ走る塚本。

そしてその目の前に沙織が現れました。

沙織「週刊星流の今宮です。愛人に政治資金をみついでいたという証拠をみつけました」

「私は真実を暴いただけ、無実の人間を陥れたわけじゃない。

あの人はあなたを信用していた。なのにそれを裏切った!

こんなものでは終わらせない!私はあなたを追い続ける!」

ここはもっと長いセリフで、木村多江さんの緊迫した演技が光っています。

「骨の髄まで、炎上しなさい…」

と言い放ち、塚本はキャスターに追われ無様に逃げ回ります。

謎のバーのマスターは、夫のかつての同僚?

そして謎のバーのカウンターに一人で座る沙織。

マスターと二人きりで、お店は営業していないようです。

マスター「例のUSBですが、差出人がわかりませんでした」

そのUSBは沙織がまだ回復せず、病院にいた時に差出人不明でもらったものでした。

そして沙織は次のターゲット・愛原サユミ(芹那)の写真を燃やします。

謎の男・DAIGOが登場!

そして場面が変わり、週刊星流の社員・天満龍二(平山浩行)が謎の男(DAIGO)と喫茶店で会っています。

天満龍二(平山浩行)は以前、沙織の夫のでっち上げ記事を書いた人物です。

謎の男は話す時もスマホをいじりながら、チュッパチャップス舐めているという、子供のような変わった風立ち。

どうやら沙織の履歴書が嘘ばかりで、過去を調べても何もでてこないことから怪しんでいました。

「彼女の本当の狙いが知りたい」

と持ちかけ、謎の男(DAIGO)に沙織の調査を秘密で依頼しました。

まとめ

以上が『ブラックリベンジ』第1話のあらすじでした。

今回の塚本への復讐が決まった時や、醜い女の争いを高みで見物する爽快感…かなり面白かったです!

第2話でのターゲットは愛原サユミ(芹那)です!

第1話がやっぱり映像で見たい!という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク